友人の保険の乗り換え話

友人の保険の乗り換え話

乗換えと言う言葉でやりたくなる

友達から自動車保険を乗り換えたという話を聞きました。

 

2万円も安くなったと豪語していたので羨ましくなり、私も乗り換えしようという気持ちになりました。

 

とりあえず満期まで待って、友達お勧めの自動車保険に乗り換えました。
しかし何の下調べも知識もないまま乗り換えてしまったので、今は後悔しています。

 

 

私の様な失敗は珍しくなく、やはり「安さ」だけに惹かれるのはよくありませんね。
単純に保険料を以前よりも抑える事ばかりに目が行ってしまい、肝心な補償内容をしっかり確認しなかった事を悔やんでいます。

 

私の場合は事故をして初めて分かったのですが、運転する対象車が本人と家族のみだったのです。

 

彼氏は除外だった訳ですが、その事を知らないまま彼氏に運転してもらってデート中に事故をしてしまいました。他にも年齢制限もあり、年下の彼氏はどっちにしても保険適応外だったのです。焦って保険会社に確認してもどうにもならず、実費で支払うという羽目になりました。

 

 

いざ事故が起こった際に頼りにしていた保険が、実は対象外だったなんて!

 

しかも問い合わせ中、コールセンターの女の人の態度がどんどん悪くなっていく。。。
こちらの選択ミスだったとはいえ、説明くらい爽やかにしてほしかったです。

 

 

ただでさえ凹んでいるのに追い打ちをかける様な言葉を投げかけられ、悔しい思いで一杯でした。ダイレクト型自動車保険が決して悪い訳ではないのですが、私の様に自動車保険に対して無知な人は、プロの代理店に頼むのが一番無難なのかもしれません。

 

 

事故をした際の示談交渉サービス・24時間対応は双方とも当たり前ですが、事故の相手方と上手く話が進まなかったりする場合は、代理店型の方が任せやすいと思いました。